用法及び用量

オテズラ錠は、1日2回、朝夕に経口投与します

  • スターターパックにより、投与開始時に漸増投与を行います。

オテズラ錠のスターターパック

投与開始時の6日間は以下のとおり投与してください。

投与開始時に漸増投与を行わなかった場合、下痢、悪心、嘔吐等の副作用の発現率が高いことが示されているため、副作用を軽減するために10mg朝1回投与より開始し、6日間かけて30mg朝夕の投与に漸増します。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目以降
10mg 10mg 10mg 10mg 20mg 20mg 20mg 20mg 30mg 30mg 30mg
  • 重度の腎機能障害患者(Cockcroft-Gault式によるクレアチニンクリアランス値が30mL/min未満)では、本剤の血中濃度が上昇する可能性があることから、本剤を30mg 1日1回投与する等、減量も考慮し、慎重に投与します。なお、本剤30mg 1日1回投与とする場合、投与開始時は朝の用量のみ投与します。

お知らせ

2019年11月21日(米国時間)、アムジェンはセルジーンからOtezla®(アプレミラスト)の世界的な権利を取得しました。
2019年11月22日(日本時間)から、アムジェンのWebサイト、アプリケーション、およびデジタルサービスへのアクセスに関するアムジェンの利用規約、および個人情報の収集と使用に関してはアムジェンのプライバシーに関する声明を参照してください。
2019年11月22日(日本時間)より前にセルジーンが収集した情報については、セルジーンの利用規約プライバシーポリシーを参照してください。