作用機序

オテズラ錠は、乾癬治療における世界初の経口PDE4阻害剤です

アプレミラストの作用機序(模式図)1-3)

アプレミラストの作用機序(模式図)

1)Schafer P:Biochem Pharmacol. 83:1583-1590, 2012
2)Schafer PH et al.:Br J Pharmacol. 159:842-855, 2010
3)Schett G et al.:Ther Adv Musculoskelet Dis. 2:271-278, 2010

利益相反:アプレミラストの作用機序を報告した論文1)[Schafer P: Biochem Pharmacol. 83: 1583-1590, 2012]、2)[Schafer PH et al.: Br J Pharmacol. 159: 842-855, 2010]、3)[Schett G et al.: Ther Adv Musculoskelet Dis. 2: 271-278, 2010]はCelgene社の資金提供により作成され、著者の中にCelgene社の社員や指導料などの謝金を受領した者を含みます。

お知らせ

2019年11月21日(米国時間)、アムジェンはセルジーンからOtezla®(アプレミラスト)の世界的な権利を取得しました。
2019年11月22日(日本時間)から、アムジェンのWebサイト、アプリケーション、およびデジタルサービスへのアクセスに関するアムジェンの利用規約、および個人情報の収集と使用に関してはアムジェンのプライバシーに関する声明を参照してください。
2019年11月22日(日本時間)より前にセルジーンが収集した情報については、セルジーンの利用規約プライバシーポリシーを参照してください。