海外第Ⅲ相臨床試験(PALACE-1/2/3/4試験)

海外第Ⅲ相臨床試験(PALACE-1/2/3/4試験)
PALACE-1/2/3試験 有効性

オテズラ錠の投与により、圧痛関節数及び腫脹関節数が減少し、その効果は260週にわたり持続しました

投与260週時までの圧痛関節数及び腫脹関節数のベースラインからの変化率(52週時:その他の評価項目)

投与16週時、24週時のDSSのベースラインからの変化量

オテズラ30mg 1日2回投与群における圧痛関節数のベースラインからの変化率(平均値)は、投与52週時では-49.8%であり、投与260週時では-72.7%でした。
同様に、腫脹関節数のベースラインからの変化率(平均値)は、投与52週時では-63.3%であり、投与260週時では-82.3%でした。

オテズラ錠の投与により、指趾炎及び付着部炎の症状が改善し、その効果は260週にわたり持続しました

投与260週時までのDSS 0及びMASES 0達成率の推移(52週時:その他の評価項目)

投与260週時までのDSS 0及びMASES 0達成率の推移

ベースラインで指趾炎を有していた患者におけるDSS 0達成率は、投与52週時では67.5%であり、投与260週時では80.9%でした。
同様に、ベースラインで付着部炎を有していた患者におけるMASES 0達成率は、投与52週時では37.7%であり、投与260週時では62.4%でした。

※ベースラインで指趾炎又は付着部炎を有していた患者における評価

※承認された効能・効果(一部抜粋)は「関節症性乾癬」である。

承認された効能・効果(一部抜粋)
関節症性乾癬