服用中
(おおむね1~2ヵ月)

日常生活の工夫

監修 東京逓信病院 副院長兼皮膚科部長 江藤 隆史 先生

日常生活で気をつけること

乾癬の症状を悪化させないために、日常生活でもできることがあります。治療をしっかり続けることはもちろんですが、症状を悪化させる要因をなるべく取り除くよう、意識して毎日を過ごしましょう。

適度な日光浴

適度な紫外線は乾癬に有効です。はじめのうちは短時間(15~30分以内)とし、徐々に時間を延ばしながら慣らしていきましょう。なお、急な日焼けは逆に乾癬を悪化させることがあるので避けましょう。

食生活の改善

低カロリーで魚・野菜が中心の、バランスのとれた食事を心がけましょう。肥満やメタボリックシンドロームを改善することで乾癬の症状が良くなる傾向にありますので、規則正しい食生活を心がけましょう。

他のお薬について

高血圧や糖尿病などのお薬の中には、乾癬の症状を悪化させてしまうものがあります。お薬の使用に関して何か疑問に思ったり、乾癬症状の変化があらわれた場合は、必ず主治医にご相談ください。

皮膚への刺激や乾燥を避ける

乾癬は強くこすれる部位や傷ついた部位にあらわれやすいので、体や頭をゴシゴシこするのは避けましょう。特に、入浴する際はやさしく洗うようにします。また、皮膚を乾燥させないために保湿を心がけましょう。

感染症の予防

乾癬は、風邪をひいた後などに悪化することが知られています。手洗いやうがいを心がけ、風邪をひかないようにしましょう。

ストレスをためない

ストレスは乾癬を悪化させることが知られています。精神的、肉体的ストレスを軽減させるために、リラックスできる方法をみつけることが大切です。寝不足も乾癬を悪化させますから、睡眠も十分にとるように心がけましょう。

喫煙と過度な飲酒を控える

喫煙は乾癬の悪化因子の一つであるといわれているため、可能な限り控えましょう。飲酒は適度であれば問題ありませんが、大量の場合は乾癬を悪化させるといわれているため、控えましょう。

オテズラ錠を服用することであらわれる可能性がある副作用については、こちらをご覧ください。