オテズラ錠が作用するしくみ

オテズラ錠とは

オテズラ錠は、PDE4(ピーディーイーフォー;ホスホジエステラーゼ4)阻害剤とよばれる新しいタイプの乾癬の飲み薬です。塗り薬で十分な効果が得られない患者さんや、関節症状がある患者さんに使われます。

オテズラ錠が作用するしくみ

PDE4(ピーディーイーフォー)は身体の中の細胞に存在する酵素(タンパク質)で、炎症を引き起こす物質の産生にかかわっています。乾癬患者さんの皮膚や免疫細胞では、PDE4(ピーディーイーフォー)が正常よりも多く存在しているため、免疫バランスの異常が生じています。そのため炎症がおこり、乾癬の症状があらわれていると考えられています。
オテズラ錠は、PDE4(ピーディーイーフォー)の働きを抑えることで、身体の中の乱れた免疫バランスを整え、炎症を抑えて、乾癬の症状を改善します。

オテズラ錠が作用するしくみ
PDE4(ピーディーイーフォー;ホスホジエステラーゼ4):
身体の中の細胞に存在する酵素(タンパク質)で、cAMP(サイクリックエーエムピー)という物質をAMP(エーエムピー)という物質に分解する役割があります。
cAMP(サイクリックエーエムピー)
さまざまな刺激に反応して細胞内の情報伝達を仲介する物質の一つです。cAMP(サイクリックエーエムピー)の量が減ると、身体の中で炎症を引き起こす物質の産生が多くなり、炎症が悪化することが報告されています。
AMP(エーエムピー):
cAMP(サイクリックエーエムピー)が分解されることで生じる活性のない物質です。
pagetop